アロマの香りでリラックス☆

未分類

アロマの香りは、私たちの生活の中の様々なところで使われています。
みなさんも、お店やマッサージ店などでアロマの香りが漂っていて、香りを感じた瞬間にリラックスされたご経験はありませんか?

わたしたちを良い気分に導いてくれるアロマの香りによって得られる効果をまとめてみました。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは、植物から抽出した香りを使って心身を健康に導いていく「芳香療法」です。

香りを嗅ぐことによって得られる効果は美しさと健康に役立つと言われています。

1928年に、フランスの調香師であり香料及び香粧品研究者のルネ=モーリス・ガットフォセによって、アロマ(芳香)と、テラピー(療法)を組み合わせた造語として、「アロマセラピー」という言葉が生まれました。

アロマテラピーの効果

脳には、大脳辺縁系という自律神経やホルモン、免疫機能をつかさどる部分があり、ストレスを受けると大脳辺縁系の機能が低下することによって病気や不調の原因になります。

アロマの香りを嗅ぐことによって脳をリラックスさせストレスを取り除き、自律神経を整えることで病気や不調を予防していく効果が期待できます。

アロマは日々の生活に取り入れやすい、健康法だと言えるでしょう。

アロマによって得られる肉体の効果

・血行を促進
・抗炎症作用
・鎮痛作用
・睡眠の質向上

アロマによって得られる精神への効果

・気持ちを落ち着かせるリラックス効果
・気分を高く高揚させる
・気持ちを元気にさせる
・集中力を高める
・リフレッシュ効果
・精神的なストレスの緩和

体への3種類の吸収メカニズム

鼻から吸収

アロマの香りを嗅ぐことで、香りの分子が電気信号となり、自律神経やホルモン、免疫をつかさどる脳の大脳辺縁系に伝わります。

肺から吸収

鼻や口から吸収された香りの分子が、肺に入り、肺胞から血液を通して全身の組織や細胞に運ばれます。

皮膚から吸収

アロママッサージなどによって香りの分子が皮膚から毛細血管まで届き、血液を通じて全身に運ばれます。

アロマの楽しみ方

ハンカチやティッシュで香りを楽しむ

ハンカチやティッシュにアロマを1〜2滴垂らして枕元やデスクに置いたり、持ち歩いてバックの中に入れたりと、最も気軽にアロマを楽しめる方法です。

専用器具を使って楽しむ

アロマキャンドル

キャンドルに火をつけるだけで簡単にアロマを楽しむことができます。キャンドルの火にはリラックス効果や癒し効果があるといわれており、香りの中の成分が空気を浄化する効果もあるといわれています。

アロマポッド

オイルを垂らしたオイル皿を下からキャンドルの日で温めることによって香りが広がります。

アロマディフューザー

ネブライザー式のオイルを直接噴霧するものや、超音波式で水と一緒に霧状に香りを拡散するものなど様々な製品があります。

アロマランプ

炎ではなく、電球の熱でオイルを温めて香りを拡散するタイプ。拡散力は強くはありませんが、コンセントでどこにでもさすことができるのが便利です。

アロマストーン

アロマストーンに数滴アロマオイルを垂らし、好きな場所で楽しむことができます。香りはゆっくりと広がっていきます。

まとめ

いかがでしたか?

アロマを生活に取り入れることで、心も体も喜ぶ効果を実感することができます🤗

アロマオイルは安価のものも売られていますが、効果があるのは、100%精油だけで作られているアロマオイルですので使用を検討される際は、100%精油のものを選んでみてください😌

みんな 幸せに なりますように✨

                           ー歩実

コメント