クリスマス🎅とは?!

未分類

明日は、クリスマスですね💓

今日は、意外と知らないクリスマスについて、まとめてみました☆

クリスマスとはなんの日?

クリスマスとは、イエス・キリストの誕生日として知られていますね。
12月25日が「クリスマス」となったのは紀元4〜5世紀と言われていますが、正確な記録は分かっていないそうです。

クリスマスとは、「イエス・キリストの誕生日をお祝いする日」です。
実は聖書には正確な誕生日についての記載がないらしく、12月25日は、正確な誕生日ではないのです😲

なぜ25日を誕生日🎂お祝いにしたのか正確なことはわかっていません。


諸説ありますが、元々はゲルマン人が冬至に行っていた「太陽の再生を祝うお祭り」が、
キリスト教によって取り込まれ、現在の形になったという説があります。また、ローマ帝国の土着の祭りとして農耕の儀式の日にしたという説などがあるそうです。

クリスマス飾りの意味

クリスマスツリーの意味🌲
クリスマスツリーは、モミの木ですね。この木は、1年を通して鮮やかな緑の常緑樹🌲であり、「永遠の象徴」を表現した存在とされているのだそうです。
また、「神の永遠の愛や神が与える生命を象徴する」という意味もあるそう。
ツリーの一番上に飾られている星の飾りは、イエス・キリストの降誕を知らせたベツレヘムの星を表していると言われています。
また、クリスマスツリー飾りの中みは林檎🍎が飾られることがよくありますよね!
あの🍎は、「創世記」に登場する、アダムとイブが食べた禁断の果実、「知恵の木の実」の象徴であると言われています🤗
クリスマスリースの意味💝
玄関先に飾られるクリスマスリースは、丸い形をしており、終わりのない「永遠」の象徴です。
悪いものを払う「魔除け」としての意味もあることで、玄関先に飾られるのだそう。
リースに飾られたヒイラギや松ぼっくり、果実などは、「冬の寒さに負けず、作物が豊富に育ちますように」という意味が込められ、次の年に向けた豊作祈願や、新年の、幸福祈願という意味も込められています。

サンタクロースとは?

サンタクロースの始まりは、紀元4世紀に小アジア(現在のトルコ)に実在したニコライ(ニコラオス、ニコラス)という司教で、貧しい人や子供たちを助けたことで多くの人に慕われ、後に聖人として聖ニコライと呼ばれました。✨
後にニコライは、カトリック教徒によって、クリスマスのお祝いと結びつけられるようになったそうです。
ニコライは貧しい家の煙突から金貨を投げ入れ、その家族を救ったと言われています。
その金貨がたまたま暖炉にかかっていた靴下の中に入ったことから、現在のサンタクロースのお話になったようです。
クリスマスはオランダで受け継がれていき、17世紀になってオランダ人が、当時のニューアムステルダム(現在のニューヨーク)を建設した際に、その伝統も一緒に受け継がれました。

19世紀になると、サンタクロースのお話に出てくる「トナカイがソリに乗ってやってくる」など現在のサンタクロースのお話になり、子供たちの夢を与える象徴になりました。

まとめ

12月に入ると町はクリスマスシーズンで、音楽が流れ、夜は街が美しくライトアップされます。

そして、その街の雰囲気は、多くの人を笑顔にし、良い気分にしてくれますよね😌

クリスマスは昔から、たくさんの人を幸せな気分にしてくれる、すごいパワーをもったお祭りですね❗️

イエス・キリストの生誕祭が、何世紀も後の現在まで受け継がれていること。。考えてみたら、、

とっっっっってもすごいことですね💓

みなさま、光と愛が溢れる良いクリスマスを🌲💖メリーーークリスマス🎅

みんな 幸せに なりますように☆

                          ー歩実

                         

コメント